ビワを求めて、房総路へ

 6月に入った。そろそろビワの露地物が出回るシーズンです。

早速、そのビワを求めて房総路に行ってきました。

館山道を南下、富山町の『富楽里 (=ふらり)』 SAで求められるという。

街中のほぼ半値めしかも新鮮。

 贈答用は、現地から送り、友人や家庭用には車に詰め込んで(といってもわずかですが)

f:id:ozeland:20210602191847j:plain

が、まだ時間はお昼前〜。なら房総半島一周を、まずはよくよるお店の和田港の『魚』で、中食、ヒラメと鯵の刺身定食、家内はウルメイワシとクジラカツ定食。

 その後、シーズンにはまだ間があるのですが、紫陽花巡りを。

f:id:ozeland:20210602191947j:plain

麻綿原は6月の下旬、茂原の服部農園は何回も行ったので、行ったことのない〜花野辺の里や野見金公園〜へ、前者はなぜかキャンプ場に変わっていたし、後者は紫陽花よりも桜の木がお多かった。でも、ドライブと思えばたのしい1日でした。

 

もう、あやめが咲き出した。

 昨夜の雨は驚き、午後10時すぎかなりまとまった雨が降った。

その雨も今朝はなく6月の幕開けは快晴。まして風もなく絶好の行楽日和(もちろんコロナがなくればの話)

f:id:ozeland:20210601161555j:plain

 本来なら、佐原や潮来あたりまで出かけているのですが、それでも、近隣を散歩=行き着いた本郷:湿地公園には、もうあやめが咲き出していた。

埃が雨で洗われ緑がまぶしい。一息つける風情です。

 

 

スイカのツルが伸び始めました

れんきゅうに定植したスイカの苗が、ここにきてようやく伸びはじめました。

6節目で摘心して、4本のわき芽を出させます。

f:id:ozeland:20210530171347j:plain

 実はその16節目に着くというのですが・・・、もう雄花は咲き出しています。

これは昨年のスイカのタネからはつがしたもので、全部で6本ほど作りました。

1株に4つでも・・・24個になってしまいます。全部ならなくても2たりで食べるには十分すぎます。はたしてどうなりますか、結果は8月上旬にでます。楽しみエスね。

 

首都圏は いつごろ、梅雨入りですか?

夜来の風で 庭に、梅の実が落下していた。

じょあ、そろそろもぎ取りましょうと、今日は梅の実の収穫をしました。

f:id:ozeland:20210529182732j:plain 

 青い実です。ですから、梅干しには適しません。焼酎に氷砂糖でもいれて『梅酒』ですね。

梅の実が実るということは、そろそろ梅雨入りでしょうか。

 天気予報では、来週木曜辺りまで、雨なし。雨は6/4(金)とか、どうもこの辺で梅雨入りらしき気がしますが、さて当たるかな。

 

ゴヨウツツジ見に、那須へドライブ

 夜来の雨も上がった。梅雨前に少し遠出をしてみようと、TVで報じていた『那須ゴヨウツツジ』を見に行きました。

f:id:ozeland:20210528211006j:plain

 外環から東北道に入り、那須高原 SAのスマート出口から国道305経由で約3時間あまり・・那須 マウンテン・ジーインズスキー場Pに到着。

 ここからゴンドラで15分(=往復|¥ 1700)de山頂駅、そこはもうゴヨウツツジ散策路の出発点、約1時間の回遊コースがあり約三万本ほどあるとか?

 ちょうど、シーズンたけなわ。平日、それもコロナ禍というのに、かなりの人出。

新緑とあいまって見ごたえは十分です。真っ青な空に、真っ白なツツジと新緑が映えます。

f:id:ozeland:20210528210642j:plain

ここは、国有森になっているのですね。中には樹齢300年とか?

一見の価値があります。ひとつばな(=アカヤシオ)はよく春先の山で見ますが、このゴヨウツツジ(=シロヤシオ)は、西丹沢でにはよく見に行きましたが、栃木県では初めてでした。そういえば、那須には皇室御用邸があり、『愛子さまの花』でしたね。

 

盛りそばが、かけそばに・・・

 朝の気温は、前日と変わらなかったのですが、日中は全然あがらず かえって下がり気味です。梅雨寒い?ぽい。

 今日の昼食は、盛りそばをいただく予定で蕎麦を打ち始めたのですが、これでは

体が冷えてしまいます。急遽、変更!『かけそばに』。ゆであっがったお蕎麦は、お湯で温めたどんぶりに移し、うえから沸騰したお汁をかければ、なのごとく『かけそば』の完成です。

 具は、なんでも良いのですが、取り敢えず鶏肉と玉ねぎの炒めたものを乗せて、いただきました。 味は、まあまあ、でもお蕎麦は美味しいですよ。栃木県真岡のそば粉を使った手打ちですから・・・、

 明日は晴れることを期待しましょう。

そら豆、エンドウの撤収

 昨秋うえたそら豆やエンドウを撤収しました。今年も、順調に育ち、そろそろおしまいです。一部は、種子用として、残したものもココ2〜3日の良い天気で乾燥がすすみ、

秋まで保存です。

 ついでに、玉ねぎも収穫。約20本を植えたのですが、一部が根腐れ病で、枯れ、7割方の収穫です、こちらも、乾燥保存のために  4個づつ紐でしばり、軒先につるしました。

12月まではもつでしょう。

 さて問題はこのあと、何も植えますか? 6月ですと・・・

やや迷いますが。エンドウの跡地には長ネギを移植し、玉ねぎの跡は落花生=大まさり(=ゆで落花生)を60粒ほど撒いておきました。1週間後に発芽するでしょう。問題は鳥の被害?カラスが狙っている。そこで、ネットを掛けて 漫然の体制です。ポットで発芽させてもいいのですが、時期がやや遅いし、面倒なので今回は直播です。